RBリスクベネフィット九州支部

24時間・年中無休対応
0120-078-670

施工事例

トップページ>施工事例>長期滞在は難しい…緊急対応遺品整理

長期滞在は難しい…緊急対応遺品整理

施工前の居室の様子です。お客様の手で分別が済んでおりました。
こちらは施工前キッチン。念のため分別に間違いがないか確認しました。
アパートのエントランスまでひたすらダッシュです。
最期は収集運搬業者様の車に積み込みのお手伝い。
作業後の居室はすっきり。
キッチンも同様にがらんどうです。

今回のご依頼のお問い合わせは九州のお客様からでした。
遠方で暮らしていた息子さんが急きょ亡くなってしまったとのことで、各種手続きや、賃貸物件退去のために、慌てて駆け付けたとこのと。

近隣に頼る宛もなく、長期滞在は難しいとのことで急いで遺品整理の対応をしてほしいとのことでした。
二つ返事で施工する旨をお伝えし、翌日には現地にてお客様と合流、最終の作業打ち合わせになります。

今回のような場合ですと一般的な【見積もり⇒スタッフ手配⇒施工開始】というような流れをとっていると作業がなかなか進まないばかりかお客様の宿泊費ばかりが増えていってしまいますので弊社ではご依頼のお客様には見積もり後即着工というようなスピード対応を取らせて頂くことも可能です。

お部屋は2Kのお部屋でしたが、個々のお部屋はそこまで広いものではなく、また家具類もほとんど使わずに生活していたご様子。
加えて、お客様の方で分別作業を進めてくださっていたため弊社としては、アパート4階からの搬出作業が作業となりました。

あいにく、現場はエレベーターの無い物件であったため、現場とアパートエントランスをひたすらに往復。
不要になってしまった家財を搬出するとともに念のため、お客様の分別を確認・修正してまいります。

今回は地域の一般廃棄物収集運搬業者さまもご都合が付き、家財がおおむね降ろし終わったところで回収の車両が到着となりました。

スタッフの方でも積込作業に協力させて頂き、無事搬出作業完了です。

 

  • 作業: 遺品整理
  • 人数: 3人
  • 日数: 1日
  • 参考費用: 74,688円(税込)